美容

エステ以外でもできるフェイシャル

フェイシャルケアを目的とした美容施術の種類は多く、扱う器機の関係でエステではできないものもあります。医療機関に分類されている美容外科では、エステでは許可されていない方法でのフェイシャルケアが受けられます。エステでは、レーザー光線を使って美顔ケアをすることは法律的に認められていません。美容外科や専門の皮膚科クリニックで施術してもらう必要があります。レーザーを用いたフェイシャルケアは、シミを除去するために用いるといいます。シミやそばかすは、レーザーによる施術で薄くわかりづらくすることができます。エステでもレーザー光を用いたフェイシャルコースを取り扱ってる場合がありますが、一定上の出力が出せないため、医療用レーザーほどの効果は出ません。確実性や安心を重視するのであれば、美容クリニックが良いでしょう。美容外科で行うフェイシャルは保険適用外なので、料金はエステより若干高めのようです。レーザーフェイシャルに似たもので、最近ではフォトフェイシャルもあります。しみやそばかすを目立たなくしたり、皮膚を引き締めたり、ハリや弾力を高める効果がある光を、フォトフェイシャルでは顔にあてます。フォトフェイシャルはエステでも扱われており、肌への刺激も少ないという利点があります。