美容

紫外線から肌を守る方法

市販の紫外線クリームや、日焼け止め成分を含むメイク用品で紫外線を防ぐことが、肌を紫外線から守る方法としてはメジャーです。
今では、赤ちゃんが使える日焼け止めクリームもあります。敏感肌の人でも使える日焼け止めクリームも販売されていますので、使ってみてください。

 

紫外線対策商品にはSPFという数字が書かれていますが、これは紫外線をカットする持続時間を表示しています。
SPF35と書かれている日焼け止めは、SPF10の日焼け止めより、長い時間肌を紫外線から守ってくれるという意味になります。
特に紫外線の多い時期に長時間外にいる場合には、SPFの数値が高い日焼け止めクリームを使ったほうがいいでしょう。

 

ですが、肌にかかるダメージを考えた場合は紫外線を防ぐ機能が小さい方が良いので、そういった面とのバランスも重要です。

 

SPFの高い日焼け止めクリームは、紫外線が弱い日は控えた方がいいでしょう。
肌トラブルを避けるためにも、肌が刺激に弱い人や小さな子どもは、紫外線を防ぐ効果が強いクリームを使わない方がいいようです。
紫外線対策クリームには、SPFの他にPAという指標があります。
SPFが大きい日焼け止めクリームは、日焼けで肌が赤くならないようにするものです。紫外線は肌を黒くする作用もあります。
PAが大きいものは、肌が黒くならないように防いでくれます。